海外FX業者の特徴


sdfuuosr 国内FX業者は日本の金融庁に登録して運営されているのに対し、海外FX業者は日本の金融庁ではなく、海外の金融ライセンスを取得して運営されている違いがあります。なぜ海外FX業者が日本の金融庁に登録しないのかその理由は主にレバレッジ規制と言われています。国内の個人口座はレバレッジ規制により最大25倍までのレバレッジと制限されています。日本の金融庁に登録するとこのレバレッジ規制がかけられてしまい、海外FX業者ならではのハイレバレッジの魅力が失われてしまいます。

まったく無登録の海外FX業者では出金しようとしても拒否されたり、最悪破綻して預入証拠金が戻ってこないトラブルが起きかねないです。きちんと信頼性の高い海外の金融ライセンスを取得している海外FX業者をご利用することが大事です。金融ライセンスを発行している国は様々です。

中には審査が緩くて取得が比較的簡単な国もあるので、厳しい審査を行っていて取得が難しい国の金融ライセンスかどうかをチェックされた方が良いです。キプロス証券取引委員会(Cysec)、モーリシャス共和国金融庁(FSC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、BVI(英国領ヴァージン島)などに登録している海外FX業者が多いです。複数登録していればさらに信頼性が高まります。

英国FSAライセンスを取得していると顧客資産の2万ユーロまで保証されています。万が一海外FX業者が破綻しても2万ユーロまでなら戻ってきます。2万ユーロというと1ユーロ=140円で計算すると日本円で約280万円です。ハイレバレッジがかけられる海外FX業者ではそれ程高額な証拠金は預入しないでしょうから、これだけ保証されていれば十分安心です。

海外FX業者では入金ボーナスが開催されているのも魅力の一つです。初回入金ボーナスの中には入金額に対して100%のボーナスを付与するところもあります。入金額が倍になってそれを取引に使えるのですから大変お得です。もし取引に失敗してしまっても獲得したボーナス分の範囲までなら失う証拠金は0円です。

海外FX業者は言語が心配ですが、最近ではサイトが日本語対応しているところが多いですし、日本語サポートもあるので外国語が分からなくても大丈夫です。入出金方法は海外FX業者によって違いますがクレジットカードやNeteller、Moneybookersなどの電子マネー、銀行口座からの電信送金などです。Neteller口座を持っていると他の海外FX業者への入出金にも使えて便利ですし、海外バイナリーオプション業者やオンラインカジノ、ブックメーカーなどにも使えます。